お勧め資格まとめ

お勧め資格まとめ

簿記の資格は人生の強い味方


書籍

私は簿記の資格を持っています。 全国経理学校協会主催簿記検定上級で、日商1級と同じレベルの資格です。

この資格を取得したきっかけは、会計の専門学校へ行っていたからです。 私は事務の仕事がしたかったので、簿記の資格を取得する為、専門学校へ行った訳ですが、この資格を持っていて、良かった。と感じたのは、専門学校での就職活動の時はもちろんですが、実際に社会に出てからの方が、強くメリットを感じました。


資格でさらに成長・あらたなる可能性

初めての会社では、入社したてにも関わらず「簿記のいい資格を持っているね」 と、先輩、時には社長から「この処理をどうしたらいいと思う?」 など、意見を聞かれることがありました。 また、責任のある仕事もさせてもらうことが出来ました。 最初の会社に勤めてから数年して結婚した私は、退職しました。

その後、主人の仕事の関係で何度が転勤をしています。 その度に就職活動をする訳ですが、その時にも、簿記の資格はとても味方になってくれました。

例えば、市役所の臨時。

最初は、申告の仕事を短期で頼まれ行ったのですが、履歴書欄の簿記を見て、その後、違う部署へ私を勧めて下さいました。 そこの部署では、経理の出来る臨時さんを募集しておられたのです。

現在は派遣会社へ登録していますが、簿記の資格を持っていると、紹介して下さる仕事が多くなってきます。 もちろん、世の中には、事務の仕事以外の仕事もありますから、持っていなくても生きてはいけます。 実際、会社では、それぞれルールがあり、自分が取得した簿記の経験が100%生かせる訳ではありません。 また、パソコンがやってくれて資格を無意味に感じる事もあります。

しかし、この資格を持っていると、就職活動をする際、とても役に立ちます。 私は簿記の資格を持っていて本当に良かったと思っています。 たとえそれが3級であったとしても、役立つと思います。

私の資格は経理学校が主催しているので、学校へ行かなければ難しいのですが、日商の簿記検定であれば、誰でも受ける事が出来ます。 簿記の資格。

それは人生の強い味方です。